忍者ブログ
Admin*Write*Comment
作業報告所
[192]  [191]  [190]  [189]  [188]  [187]  [186]  [185]  [154]  [184]  [183

排ガスから桃ゲーへ。バトンタッチのお話。

※この短編小説には、排気ガスサークルのネタバレが含まれています。















「新しい”君”へ」





 列車のいないホームは、朝のざわめきで埋め尽くされている。
 と言っても、この駅の利用客はそう多くない。
 だからホームを覆うそっけない天井や壁の向こう側から響く車の音ばかりを、上条篠はぼんやりと聞いていた。
 
 親友の話によるとこの駅には妙なウワサがあって、テレビなんかでも取り上げられてしまったおかげで、一時期は報道関係者や野次馬でいっぱいだったとか。
 しかし、人のうわさもなんとやら。
 ほとぼりが冷めた今では、すっかり元通りの静けさを取り戻していて――と言っても篠は先日転校したばかり。この駅を使い始めたのもごく最近なので、ウワサがあったころのことは知らないのだが。
 
「……」
 まあ、もともと篠はウワサの類をあまり気にしない、能天気な人間である。
 だから、この駅で人身事故が多発していて、しかも事故に合えば夢の世界に行けるかもしれない、だなんて、不気味で滑稽な話をあまり気にしてはいない。
 そんなことよりも。

 気になるのは目線の向こう、篠とは反対の行き先へ向かう列車のホームで、一人佇んでいる女子高生の姿だった。
 
 自分の記憶が正しければ――いや、正しいと篠は確信している。初めて彼女を見たとき、身に着けていた制服が少し変わったデザインであったこと。それから、少年か少女か判断できかねる中世的な容姿に不思議に思って、結果ズボンをはいているから男子高生なのだろうと、そう思ったのをはっきり覚えているのだ。
 同い年か、少し年下に見えた『彼』はどこか物憂げな顔をしていて、それが人見知りで繊細な親友が悩んでいるときの表情とどこか似ているから、ウワサなんか関係なくとも、そのうち線路に飛び出してしまうんじゃあないか、なんて。そう思っていたのだけれど。
 
 今一人で列車を待つ『彼』――いや『彼女』は、転校したのだろう。ややかっちりとしたブレザーにスカートを身にまとって、以前よりも幾分か明るい顔で、外を見上げていた。
 
「なあ」
 誰にでも声をかけてしまうのは君のいいところでもあり、悪い癖でもある。
 そう言った親友の言葉を思い出しながら、篠は『彼女』に話しかけていた。
 初めて見たときは短く切りそろえていた髪がやや伸び始めている。
 イメチェンか、いいな。なんて、やはり能天気に思いつつ。
「あんたも、転校か?」
 『彼女』は驚いた顔で篠を見上げている。
 が、篠は構わず続けた。
「前は違う制服着てただろ?」
 『彼女』がこくりとうなづく。
 篠は思わず微笑んだ。
 どうやら『彼女』は親友と似たタイプらしい。
 シャイで自分に少し自信がなくて、けれど芯の強さが目に表れている、きっとそんなタイプ。
「俺もこの前転校したばっかなんだよ。お互い、いろいろあるだろうけど、頑張ろうぜ」
「……」
 なんとはなしに差し出した手を『彼女』はじっと見つめる。
 どこか無垢な子供のような、そんな顔だ、と篠は思った。
 けれど彼女はほころぶように、ふ、とほほ笑んで、篠の手を握る。
「まあ、なんか困ったことがあったら呼んでくれ。俺の名前は上条篠。あんたは?」
 戸惑うように目を泳がせて、しかし次の瞬間『彼女』はまっすぐに篠を見た。
 呟かれた名前は『彼女』に似合いの響きをしている。
 だから「いい名前だな」なんて思わず漏らすと、彼女は照れたように顔を俯かせて。
「おっと、悪い、電車来るみたいだ。じゃあな」
 ――まもなく2番線に――――行き列車が到着いたします。
 流れるアナウンスを聞いて、篠は離した手を振りつつ列に並ぶ。
 そんな慌ただしい様子に『彼女』は何かを思い出した様子でくすりと笑って。
 
 ――またね。
 
 と。
 電車がホームへと入ってきた騒音で、声は聞こえなかったが、そう動く唇が見えた。
 篠は「おう」と返事をして笑う。
 
 天気は快晴。電車は相変わらずの混雑具合で車内はむわりと暑い。
 学校へ行けば背後に気を配りつつ勉強をしなければならないが、それなりに友人もできたし、まあ楽しい毎日だ。
 
 いつか物憂げな顔をしていた『彼女』も、今はそんな日々を送っていると願いながら、篠は動き出した窓の外、揺れるスカートの端を眺めていた。

  • ABOUT
報告したり呟いたりするブログ
  • フリーエリア
菊一座



皇帝恋踊曲


埋葬旅行


排気ガスサークル

  • ブログ内検索
  • カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 最新記事
(11/26)
(03/04)
(12/04)
(11/23)
(11/23)
  • フリーエリア
PR
Copyright © 作業報告所 All Rights Reserved.*Powered by NinjaBlog
Graphics By R-C free web graphics*Template by Kaie
忍者ブログ [PR]